コーヒーをおいしく飲むのなら水道直結型ウォーターサーバーがベスト!おすすめしたい理由とは

水道直結型ウォーターサーバーがベスト!

コーヒーの風味や味を存分に堪能するためには、使用する水の品質にもこだわらなければなりません。しかしながら、水道水以外の水を使用してコーヒーを淹れることには金銭的な問題もともないます。特に頻繁にコーヒーを飲む方にとっては困難といわざるを得ません。

しかしながら、安価で使用することができるウォーターサーバーであれば、そのような問題も改善することが可能です。特に水道直結型ウォーターサーバーには、コーヒーを淹れる際にも有益な特徴が多く、よりその恩恵を受けることができます。

ここでは、そんな水道直結型ウォーターサーバーの特徴について解説すると同時に、コーヒーを淹れる際にそれを使用することで得られるメリットについてもご紹介します。

水道直結型ウォーターサーバーの特徴

水道直結型ウォーターサーバーは、一般的に広く知られているボトル型ウォーターサーバーに比べて普及率が低いという特徴があります。そのため、その長所についてはあまり知られていません。

このタイプのウォーターサーバーは、その名のとおりサーバーを水道に直結させて使用します。そのため、水そのものには水道代しかかからないというメリットがあります。サーバーを通して出される水は、サーバー内部に搭載された高度なろ過機能によってろ過がされているため、カルキ臭の原因となる塩素も除去することができます。

また、ボトル型ウォーターサーバーでは硬度の高いミネラルウォーターが使用されることも多いですが、水道直結型ウォーターサーバーの場合は水道水であることから硬度も低く、一般的な中煎りや中深煎りのコーヒー豆との相性がよいといった特徴もあるのです。

コーヒーを淹れる際に得られるメリット

コーヒーを淹れる際に水道直結型ウォーターサーバーを使用することで得られるメリットとしては、水中に含まれる塩素が、コーヒーの風味や味にもたらす悪影響を除去できるという点が挙げられます。特に塩素が、風味や味を損ねる原因となるカルキ臭は、沸騰させても完全には取り除けないこともあるため、多くの方がこの機能の恩恵を受けることができるでしょう。

また、このタイプのサーバーの多くが搭載している温水機能も、コーヒーを淹れる際に大きなメリットとなります。特にコーヒー豆は、その焙煎具合によって適切なお湯の温度が75℃程度から80℃台後半まで多岐にわたるのに対し、このタイプのサーバーの温水機能では90℃近い熱湯を出すことも可能であるため、冷水機能との併用で温度を調整すれば、さまざまな種類の豆にも対応することが可能です。

このように、このタイプのサーバーにはコーヒーを淹れる際に大きな力を発揮する機能が搭載されており、よりおいしくコーヒーを堪能することが可能となります。

コーヒーを淹れる際に使用するサーバーは水道直結型がおすすめ

この他にも水道直結型ウォーターサーバーには、ボトル型ウォーターサーバーにつきまとうボトルがあるためのデメリットを回避できます。ボトルは、定期配達で受け取ったり空になったボトルの回収をしてもらったりする必要がります。そのため、水道直結型ウォーターサーバーは、ボトルの交換などの手間を省くことができる点や、自動洗浄機能により内部での細菌の発生を防ぐことができる点などのメリットも存在します。そのため、特に家を留守にすることが多いビジネスマンや共働き世帯では、サーバーのメンテナンスや業者とのやり取りをする手間を省くことができるため、より快適にサーバーを使用することができます。

「CoolQoo」(クール・クー)

一方で、上述したようにこのタイプのサーバーは、その普及率が低く、取り扱っている業者を探すのも難しいかもしれません。ここでは、最後にこのタイプのサーバーを取り扱う業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ導入に際して参考にしてみてください。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

COOL QOO(クールクー)  >>公式サイトはこちら
初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

不純物をほぼ100%除去でき、海水も牛乳もピュアウォーターになる、世界最高峰技術のフィルターを取り付けるROろ過システムなので、安心してご利用頂けます! ピュアウォーターなので、コーヒーもいつもと違って、コーヒー本来の味と香りを楽しむことができるでしょう。

また、現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

関連記事