コーヒーの水道水でのおいしい飲み方は?そのポイントを徹底解説!

コーヒーの水道水でのおいしい飲み方は?

コーヒーは使用する水の種類と豆の種類に相性があり、その組み合わせによって味や風味が大きく変わる場合もあります。

しかしながら、恐らく多くの方は水道水を使用してコーヒーを淹れていると考えられるため、水と豆の組み合わせを小まめに変えるというのも難しいかもしれません。

ここでは、そのような方でもおいしいコーヒーが淹れられるよう、有効な方法や注意すべきポイントについて解説していきたいと思います。

水道水のほとんどは軟水

一概にはいえませんが、一般的に多く売られている中煎りや中深煎りの豆には軟水が適しているとされているのです。このことは軟水に豆の酸味やまろやかさを抽出する働きがある理由から、中煎りや中深煎りの豆の大きな魅力でもある酸味とまろやかさが十分に味や風味に表れることを根拠としています。

一方で日本のほとんどの地域では蛇口から軟水が出るという特徴があります。そのため、豆の中でも特に知名度が高く、愛飲者も多い中煎りや中深煎りの豆に対して、水道水は適しているということができます。

水道水には塩素が多く含まれる

一方で、水道水は軟水ではあるものの、そのままの状態ではコーヒーに適しているというのは断言できません。その理由のひとつとして挙げられるのが、塩素の含有量の多さです。

水道水は、消毒や殺菌を目的として塩素が投入されるため、その安全性が保たれていますが、一方でそれによって残留した塩素が風味や味を、大きく損なう場合があります。また、水道水に含まれる塩素は不純物と化合することにより、発がん性物質を発生させる働きもあるといわれており、その安全性に関しても不安が残るといわざるを得ません。

このように水道水に含まれる塩素は、コーヒーの味や風味を損なうという害があるだけでなく、その安全性に対しても疑念が残ることから、コーヒーを淹れる際に使用する水としては、必ずしも適しているとはいえないのです。

カルキ臭を飛ばす

コーヒー好きな方の中には、その風味が特に好きだという方も少なくないでしょう。しかしながら、水道水はコーヒーの魅力のひとつでもある風味を大きく損なってしまうケースもあります。

その原因となる要素のひとつが「カルキ臭」です。カルキ臭は塩素がその原因となっており、カルキ臭自体を除去するためには、その根本にある塩素を除去しなければなりません。

しかしながら、塩素は沸騰させることで除去できるため、カルキ臭を飛ばすのは決して難しい作業ではありません。若干の手間はかかってしまいますが、水道水を使用しておいしいコーヒーを淹れたいのであれば、一度沸騰させてから適温まで温度を下げ、使用するのがおすすめです。このひと手間を入れることにより、一層コーヒーを美味しく飲めます。

くみ置きはNG

水中の塩素は、空気に触れたり、日光にあてたりすることでも除去ができます。そのため、水道水をくみ置きしてから飲むという方も少なくないようです。

しかしながら、水は空気に触れることで、徐々にその品質が劣化し、場合によってはわずかな腐敗臭が生じてしまう場合もあります。そのため、塩素の除去はできても、その臭いはさらにきつくなってしまう場合もあるため、コーヒーを淹れる際にくみ置きしておいた水道水を使用することは避けるべきです。

まとめ

ここでは、水道水を使用しておいしいコーヒーを淹れるために押さえておくべきポイントや、水道水に含まれる塩素が及ぼす悪影響などについて解説しました。コーヒーはその味や風味が特徴的である一方、その他の要因によって損なわれやすいデリケートな一面も兼ね備えていることから、その淹れ方や水道水の処理方法には細心の注意を払う必要があります。

関連記事