コーヒーには軟水と硬水どっちがいい?それぞれの淹れたコーヒーから特徴をご紹介

コーヒーには軟水と硬水どっちがいい?

コーヒーの約99%は水分であるため、その品質がコーヒーそのものの味を左右することはいうまでもありません。しかしながら、不純物が取り除かれたミネラルウォーターであれば、何でもコーヒーに適しているというわけではないのです。特にそこに含まれるミネラル分、コーヒーの質にも大きく影響するため、ひとつの重要な要素といえます。

水は含有されるミネラル分の量によって2種類に分けることができます。つまり、それらのどちらであるかはその魅力を引き出す上で非常に重要となるため十分に注意しなければなりません。ここでは、それぞれでコーヒーを淹れた場合の質の違いその特徴について解説したいと思います。

軟水でコーヒーを淹れた場合

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の含有量が1lあたり100mg以下のものを軟水といいます。日本の場合、ほぼすべての地域で水道水は軟水であるため、硬度の低いものは多くの日本人にとって、特になじみ深いといえるのです。

この種類の水は、飲んだときに喉に違和感を覚えることが少ないため、比較的飲みやすいという特徴があります。しかしながら、それでコーヒーを入れた場合、苦みのもととなる成分は溶けにくいという特徴がある点から、特有の苦みが十分に表れない場合があります。そのため、深煎りのフレンチローストやイタリアンローストの場合、苦みが十分に表れず、そのバランスが崩れてしまうことがあるのです。

一方で、この種類の水には豆のまろやかさが溶け出しやすいという特徴もあります。そのため、中煎りや中深煎りの豆には軟水のほうが適しているといえます。

硬水でコーヒーを淹れた場合

ミネラル分の含有量が、1lあたり100mg以上のものを硬水と呼びます。この種類はミネラル分が多いことから、「硬い」と表現されることもあり、飲んだときに喉に違和感が残る場合もあります。

この種類には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分には苦みを引き出しやすいという特徴もあるのです。そのため、特に苦み成分を多く含む、フレンチローストやイタリアンローストの深煎り豆の場合、その魅力を存分に堪能できる一方、中煎りや中深煎りの豆の場合は苦みが強調されすぎてしまい、独特のまろやかさが損なわれてしまう場合もあります。

このようにその硬度が高い場合には、特有の特徴が表れることから、適している豆の種類も異なり、うまく使い分けることでコーヒーをよりおいしく淹れることが可能となります。

2種類の見分け方

2種類の違いは上述したような含有するミネラル分の量となります。近年では市販のミネラルウォーターなどにも2種類のどちらかの表示がされるようになりましたが、中にはそのような表示がされておらず、どちらに該当するのか判断がしかねる場合もあるかも知れません。

しかしながら、ミネラルウォーターなどでは成分表示が義務付けられているため、その内容からミネラル分の含有量を判断すれば、自ずとそれがどちらの種類に該当するかが分かります。

また、ミネラルウォーターなどの輸入物は硬度が高いものが多く国産のものは硬度が低いものが多いという特徴があることも知っておけば、判断の基準とするのも可能です。

まとめ

ここでは含有するミネラル分の量が異なる2種類について、各々がコーヒーを淹れる際に使用した場合の風味に表れる違いについて解説してきました。

一般的に水道水を利用してコーヒーを淹れる方は多く、また、それは硬度が低いことがほとんどであるため、多くの方がコーヒーは硬度の低い水で淹れていると考えることができます。しかしながら、豆の種類によってはその種類の水が適していないこともあるため、コーヒーをよりおいしく堪能したいのであれば、その相性についてもよく考える必要があります。

関連記事