コーヒーを淹れる適切な温度って?焙煎方法によって変えたい適温について解説します

コーヒーを淹れる適切な温度って?

コーヒーを淹れる際に沸騰した状態のお湯を、そのまま使用している方は多いことと思われます。しかしながら、コーヒー豆はその焙煎方法によっては、高温のお湯を注ぐと油脂分が多く抽出されてしまい、味や風味に大きな悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

そのため、コーヒーを淹れる際には、使用する豆の焙煎方法と、それに合ったお湯の温度を十分に把握しておかなければなりません。

ここでは、コーヒー豆の焙煎方法の中でも特に一般的な3種類に関し、各々に対して適切なお湯の温度について解説していきます。

中煎り
中煎りに該当するミディアムローストとハイローストは、酸味と苦みが強すぎず、バランスもよい点が特徴的です。そのため、一般的な人気も高く、市販品も多く存在します。
中煎りの豆は焙煎時間が若干短く、高温のお湯を注ぐと油脂分が抽出されてしまい、風味が損なわれてしまうことがあります。そのため、84℃~86℃程度の沸騰する一歩手前のお湯が適しているのです。また、中煎り特有のほのかな酸味を引き出す上でも、この程度の温かさのお湯は適しており、中煎りならではの魅力を最大限に堪能したいという方にも、この程度の温度のお湯を使用する方法はおすすめです。
中深煎り
若干ではあるものの、中煎りよりもさらに長い時間焙煎を行ったものを中深煎りと呼び、具体的にはシティローストとフルシティローストの2種類が該当します。中煎りの豆には、苦み、酸味のバランスがよいという中煎りと似た特徴がある一方、焙煎時間が長い分深いコクがあり、中煎りとは異なる魅力があります。
中深煎りならではのコクにもまた、過度に高温のお湯を注ぐことで損なわれてしまうという特徴があり、それを防ぐためには80℃~83℃程度のお湯を使用する必要があります。また、この程度まで温度が低くなったお湯を使用した場合、味や風味を構成する豆の成分が抽出されるまでには一定の時間がかかるため、お湯を注いでから数分放置する必要もあります。
中深煎りに該当するシティローストとフルシティローストは、共に高い人気を誇り、一般的な知名度も抜群です。そのため、この種類の豆を使用したコーヒーの作り方は、最も基本的な方法として覚えておくのがおすすめです。
深煎り
特に長い時間をかけて焙煎を行ったものを深煎りと呼び、具体的にはフレンチローストとイタリアンローストの2つがこの種類に該当します。この種類の豆は苦みが特徴的である一方、過度に高温なお湯を注いでしまうと苦みが強くなりすぎてしまうため、注意しなければなりません。
そのため、深煎りの豆には75℃~79℃程度のお湯が適しており、この場合も中深煎りと同様に、お湯を注いだ後一定時間放置し、風味や味を構成する成分が抽出されるのを待つ必要があります。ただし、深煎りの豆は、味や風味を損なう雑味成分が抽出されやすいという特徴もあるため、放置する時間が長くなりすぎないよう注意が必要です。

まとめ

ここではコーヒーをおいしく入れるために覚えておきたい、焙煎時間などによって分類された豆の種類の各々に対して適切なお湯の温度について解説してきました。

昨今ではコーヒーにこだわる喫茶店だけでなく、市販の豆を使用した場合でも、さまざまな種類のコーヒーを堪能できるようになりました。しかしながら、コーヒーは種類が異なると、豆の状態も大きく異なることから、各々の魅力を最大限に引き出すためにも適切なお湯の温度は熟知していなければなりません。

また、コーヒーの風味には使用する水の品質も大きく影響するため、水道水などをそのまま使用するのではなく、より品質の高い水を適切な方法で加熱するなどし、コーヒー豆にとって最適な状態で使用するようにしてください。そのため、コーヒーを淹れる際に使用する水は適切な方法で処理する必要があり、もしも水道水を使用する場合はろ過などが十分に行われていなければなりません。

関連記事